FC2ブログ

アール懺悔室アール懺悔室

SMshopアール目白店の公式ブログです。


【体験記】小林M男様プレイ体験談

ご閲覧頂きありがとうございます。

カップルでご来店頂きました、小林M男様よりプレイ体験を投稿して頂きました。
S女性と出会い、マゾ調教を受け、堕ちてゆくM男性の心情が描写されております。
どうぞ本体験記を皆様のプレイにお役立て下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私は32歳の某商社に勤める独身会社員です。
毎晩遅くまで残業しており、帰宅するのは午前1時を過ぎる生活を送っています。
これと言って刺激のない毎日に退屈していた頃に、大学時代の先輩に誘われ、異業種パーティーに参加するようになりました。
付き合って2年ほどの彼女はいますが、正直マンネリ化しており、満足とは程遠いものになっています。
女性にモテる先輩に色々教えてもらい、パーティで出会う女性と、一夜限りの関係を持つ事が出来るようになってきました。

先日のパーティで出会ったK子は、私が今まで関係を持った中でもSっ気の強い女性でした。
もちろん関係を持つまでは私のほうが、積極的にアタックしましたが、関係を持った途端、逆転したかの様に私に付きまとうようになったのです。
最初は軽いノリで面白半分にM男の役を演じていただけでしたが、いつしかK子がSで、私がMという役割が自然と形成されていったのです。
そして私はそのMの役割が、こんなにも快楽をもたらしてくれるとは思ってもいませんでした。

アナルバイブ付貞操帯・メンズ

ある日、K子は私が午後の外回りの帰りに、少し買い物に付き合うように言ってきました。
黙って山手線に乗り込み降りたのは目白駅。
「今日はあなたに身に着けてもらうものを買いに来たのよ。」
こんな線路沿いに、こんな小さなお店があるとは思いもよりませんでした。
に入ると、K子は貞操帯を指差し、私に目で合図してきました。
それはゴム製の貞操帯で、ペニスを強制的に下に向かせるものでした。
しかもアナルバイブがついており、入れたままにしておかなければならないのは一目瞭然でした。
「えっこんなの着けさせられるのか?」
私はそう思いましたが、もはやK子の要求を断るわけにはいきませんでした。

アナルバイブ付貞操帯・メンズ 背面

会計を済ませ店を出て目白駅に戻ると、K子は私の手を引いてファストフードの店に入っていきました。
そしてトイレで私のスラックスを下ろして、さっき買った貞操帯を着用するように私に命じたのです。
K子は私のペニスを押さえつけ、アナルバイブにローションを薄く塗り、早業でベルトを合わせ南京錠をかけてしまいました。
「もうこれは必要ないわね。」と言って南京錠の鍵をトイレに流してしまったのです。
私は完全にK子の奴隷として飼われたのです。

アナルバイブ付貞操帯・メンズ付属

それ以来、私はアナルバイブのついた貞操帯をつけたまま生活をしていますが、段々慣れて不便を感じなくなってきました。
問題は付き合っている彼女と会うときです。
外で会うときは誤魔化せますが、先日彼女の部屋に遊びに行ったときは、バレやしないかと冷や汗をかいていました。
しかしいつまでも隠し通せるものではありません。
その時はもう開き直り話すつもりでいます。
やはり私には普通の女性では物足りないと思いますし、今後もK子と関係を続けていきたいと思います。

次作を読む


◎本格ボンデージ・SM衣装・アナル用品・ムチ・医療具・ディルドー・バイブは、
アール目白店Online-Shopまで

◎直接商品を手にとってご覧になりたい方はアールPlusまで

◎プレイ体験記を投稿する方はコチラまで
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/04/20(土) 12:00:00|
  2. 体験記

<<【再入荷】M女が興奮するボンデージ  | BLOG TOP |  【新入荷】ギュッと握って送液する浣腸器>>

▲PAGE TOP