FC2ブログ

アール懺悔室アール懺悔室

SMshopアール目白店の公式ブログです。


【体験記】畠山様プレイ体験記

ご閲覧頂きありがとうございます。
教鞭をとる聖職者が実はマゾ。
しかも睾丸を引き伸ばされる事を想像するだけで下着を湿らす程のドМ。
絶対に教え子達には悟らせられませんね。
とある方に伺った話ですが、ストレスの掛かる職業の方ほどSMの世界に浸るケースが多いそうです。
SMとは現実世界に身を置きながら非日常の耽美と快楽を楽しむプレイ。
ストレスが高い人ほど非日常の世界を楽しみたいという願望の表れなのかもしれません。
どうぞ本体験記を皆様のプレイにお役立て下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私は小学校で教員を務めて35年になりますが、これと言って変化の無い単調な人生を送ってきたことを最近になって平凡すぎてつまらないと考えるようになりました。
恐らくあと数年同じような毎日を繰り返して定年を迎えることになると思います。
若い頃は女遊びをしたこともありましたが、結婚してからは浮気の一つもしたことはありませんでした。
元来臆病者なんだと思います。
そして妻に数年前に先立たれてからは、楽しみと言えば休みの日に古本屋巡りをすることくらいになりました。
古本屋で気に入った小説を見つけて近くの喫茶店で読みふけるという実に地味な趣味です。
地味過ぎて他人にそんな風に休日を過ごしていることを話すこともありません。
小説の主人公に自分を重ね現実にはあり得ない妄想にふけるというなんとも古典的な楽しみです。

そしてその小説はいつも決まって官能小説。
教え子のかわいい女子生徒とそのような関係になることをいつも思い描いているだけのエロおやじなんです。
その日見つけた官能小説の広告ページにはSMクラブが女性の写真付きで紹介されています。
その一人が昔の教え子に似ており、よからぬ空想に耽ってしまいました。
「いや、そんなはずはない。」私は空想を押し殺して他のページに目を向けました。
そしてアダルトショップの広告に目が止まりました。
ショップを覗いてみるだけなら悪くないはずだと思い、近くの広告の店に行くことにしました。
アダルトショップに行くことすら20年ぶりでしたが、品揃えなどは昔に比べると物足りない気がしました。
そこの店員さんと話しをするとやはり昔はもっとボリュームがあったとのことでした。
そして私がSM系に興味があることを話すと店員さんは目白のアールさんならお探しのものが見つかるかもしれませんと教えてくれました。
ここから目白は少し遠い気がしましたがせっかくなので足を運んでみることにしました。

アールPuls地図

目白駅を降り線路沿いを歩くとそこは住宅街でした。
こんな所にそんな店があるのはにわか信じられませんでしたが店員さんが教えてくれた通り、アールという看板が見えてきました。
外からは何の店か見当がつきません。
多少ためらいを感じの前を行ったり来たりしましたが思い切って扉を開けました。
誰もいないのかと思いきや、後から威勢良く「いらっしゃいませ」と店員さんが入ってきました。
「ちょっと見せて頂きたいのですが・・・」と一言断り見せてもらうことにしました。
他のアダルトショップには置いていないような珍しいものばかりで感心して見ていると店員さんに2Fにも色々あると言われ見せてもらうことにしました。

アールPuls店内

靴を脱いで狭い階段を昇ると革の匂いがプンプン漂ってきます。
あまりにも現実離れした空間に私は時が経つのも忘れ見入ってしまいました。
そして私を釘付けにしたのがパラシュートのような形をした睾丸を引き伸ばす道具です。
じっくり見れば見るほど、こんな風に自分も睾丸を引き伸ばされてペニスを弄ばれたらどんな気分なんだろうと妄想にふけってしまいました。
今まで睾丸を引き伸ばされたいと考えたこともありませんでしたが、もう眺めているだけでは我慢できなくなってきました。
と同時にこんな世界に嵌ってはいけないと自分に言い聞かせているもう一人の自分がそこにいました。

ロック式ホーデンアレー

すると別のお客さんが入ってきて階段を上がってきました。
年格好は私と似たり寄ったりです。
そして商品を手に取るや否や店員さんを呼んで、「これとこれをください。」と迷わず決めました。
その瞬間、私は迷っている自分に苛立ちを感じ、つられる様に例の商品を買ってしまいました。
パンフレットをもらってを出た後、急に股間がムズムズしてきてトランクスが湿ってきているのがわかりました。
若い頃はよくこういった生理現象が起きたものですが長らく忘れておりました。

家に帰ってからゆっくり鏡の前で装着しようと考え、池袋まで歩いていきました。
池袋の北口では昔何度か遊んだ事があったのでとても懐かしく感じました。
今は風俗街を歩いてもあまりムラムラしなくなりましたが、この日は痴女に襲われてみたい気分になりました。
引き伸ばした睾丸を痴女にいじくられることを妄想してしまいました。
以来そのことが頭から離れない毎日が続いています。
私の投稿を読んでこんなやもめ暮らしの私に共感できる女性の方がいらっしゃれば是非ご連絡お待ちしております。

◎本格ボンデージ・SM衣装・アナル用品・ムチ・医療具・ディルドー・バイブは、
アール目白店Online-Shopまで

◎直接商品を手にとってご覧になりたい方はアールPlusまで

◎プレイ体験記を投稿する方はコチラまで
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/11/25(月) 12:00:00|
  2. 体験記

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

▲PAGE TOP