FC2ブログ

アール懺悔室アール懺悔室

SMshopアール目白店の公式ブログです。


【体験記】小林M男様プレイ体験談Vol.4

閲覧頂きありがとうございます。

先日、体験談をご紹介しました小林M男様より投稿して頂いた続編です。
甘く切ないアナル快感、ドキドキ感が興奮を倍増する野外プレイ、顔見知りに出会った時の羞恥心…奥深いですね。
どうぞ本体験記を皆様のプレイにお役立て下さい。
※管理人の手違いにより、公開が遅くなりました事を深くお詫び申し上げます。

前作を読む

◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ようやく寒い冬が終わりヒートテックなしで生活できると思いきや、私の天敵花粉のシーズンが早くも訪れました。
病院で処方してもらった薬を飲みながら、辛く長いこの時期を乗り越えるのが毎年恒例になってきている私です。
マスクをつけて生活するのは面倒くさいのですが、たまにはいいこともあるものです。
同じマスクの者同士「花粉ですか?」で打ち解けあうことです。

私が会社まであと2駅の時、白髪で腰をかがめたお婆さんが乗ってきたので座ってもらおうと思って席を立ちました。
意識して親切にした訳ではありませんが、まるでレディファーストが身に着いた外国人さながらの対応でした。
実は席を譲ったというよりあまり長く座っていられなかったのです。
なぜなら私は新しい自虐アイテムを身に着けており、意外と効果テキメンだったからです。
それはあの店の通信販売で最近買ったもので、アナルを吊る金属棒をゴムのベルトで固定する『アナルフッキングベルトセット』というものです。
それをスーツの下に着用したまま電車の座席に座っていたので、喰い込みに耐えられず席を立ちたいと思っていた所にグッドタイミングでお婆さんが私の前に現れたのです。

アナルフッキングベルトセット

一見好青年に見えた行為は実はそういう理由があったんです。
しかし誰にも真実を話す事が出来なかったので今こうしてペンをとっているのです。
そして幸か不幸か会社の女子社員に目撃されてしまったのです。
私は普段とてもそういうことをするキャラではないので意外な一面を見せる形になりました。

しかもそんな日に限って会社のエレベーターの中でその女子社員と鉢合わせ。
しかも明るくさわやかに「小林さんおはようございます。」と挨拶。
私はドキッとしました。
隠しておきたい性癖を見透かされた気がしたのです。
そしてそれを白状しなければならない脅迫観念が襲ってきました。

アナルフッキングベルトセット付属

不思議とまともに女性と話しをすることが出来なかった頃の自分に戻っていくような気すらします。
なのに例の『アナルフッキングベルトセット』は病み付きになり手放せそうにありません。
他人から後ろ指を差されている気はするものの、アナルに食い込む心地よい感触には逆らえないのです。
まして今日は午後から大事なプレゼンのある日。
しかし敢えて装着したままプレゼンに臨んだ方が良い意味で緊張感を持続出来る気がします。
冷や汗をかきながら熱のこもったプレゼンをすることになりそうです。
私のプレゼン次第で大口取引の成否が懸かっているのです。
しかしこんなドM野郎の私の話しを真剣に聞いてくれるかと思うと、思わず吹き出してしまいます。
額から流れる汗は『アナルフッキングベルトセット』がバレやしないかという緊張感によるものなのに、熱のこもったプレゼンをしていると思われるのは多少複雑な気分です。

前作を読む


◎本格ボンデージ・SM衣装・アナル用品・ムチ・医療具・ディルドー・バイブは、
アール目白店Online-Shopまで

◎直接商品を手にとってご覧になりたい方はアールPlusまで

◎プレイ体験記を投稿する方はコチラまで
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/07/07(日) 12:00:00|
  2. 体験記

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

▲PAGE TOP